2014年04月18日

映画「コンテイジョン」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 66 $の負け

う~~ん、やばいな。。体重がまずくなってきた( p_q)エ-ン
減量するべきだな。。

減食はストレスになるから
スポーツだな~。ヽ( ´ー)ノ フッ

何にしようか?(-"-;A ...アセアセ
スポーツと言えば階段昇りですかね
私に限っては\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

だけど、独りだと続かないだろうな~(-_-;)(;-_-) チガウチガウ
誰か一緒に頑張ってくれるパートナー募集(( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ニヤニヤニヤニヤリ

-----------------------

近頃映画に夢中になっているのでお勧め映画の感想をご紹介したいと思います!!!(‐^▽^‐) オーホッホ

は?あんたの感想ではないの??
なんてツッコミはスルーでィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪


今回は「コンテイジョン」の感想について紹介しようかと思っています!!(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪


この映画が作られた年は2011年です。

監督はスティーヴン・ソダーバーグで、脚本がスコット・Z・バーンズです\(^▽^)/

この映画のメインは、マリオン・コティヤール (レオノーラ・オランテス博士)やマット・デイモン (ミッチ・エムホフ)です!!!!r(-◎ω◎-) 考え中.....

この映画の他の俳優さんを列挙すると、ローレンス・フィッシュバーン、グウィネス・パルトロウ、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジェニファー・イーリー、サナ・レイサン、ジョン・ホークス〔1959年生〕、エリオット・グールドって感じですね。ψ(*`^´)ψウケケ

佳作。



まったく事前情報を知らずに見たけれど、

意外にキャストが豪華でストーリーも面白かった。



【ネタバレ注意】とくに BGM を

使わず淡々と感染の恐怖を描写していくさまは

リアリティを感じさせるのに貢献していた。



キャストが豪華だからか、この人は

死なないだろうという予想も外れやすかった。



また、マット・デイモン扮する父親の行動が

娘を思うがゆえの行動であり、決して「理解が

無い」わけではないところなど、各人物が

うまく描写されていたと思う。







-----------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~。ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は七対子を説明したいと思います!!!!\(o⌒∇⌒o)/


名前の通り、手が7個のトイツを集めると成り立ちます。
同じ牌が4枚あってもトイツ×2とはなりません。

しかし、三人麻雀では時に4枚使い七対子可のルールもあります。


字牌や1、9牌が多く、面子がない時に狙う役であり、
序盤から捨て牌が2~8の牌(中張牌(チュンチャンパイ))になるんですため、
若干相手に役が見破られやすいです。


この役に鳴きは存在しません。 ダメ!! ゛o(≧◇≦*)oo(*≧◇≦)o″ダメ!!


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の評判から見て・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

七対子(出現割合:2.52%)
役満である国士無双を除くと唯一の特殊形がこの七対子。
もちろんDORAでは符計算はそのまま採用なので、点数自体 「二飜=1,600/2,400、三飜=3,200/4,800、四飜=6,400/9,600」(子/親)と計算される。
尚、七対子なので同じ槓子(同じ牌が4枚)は認められない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。"ノ(-________-;)ウゥーム・・・


本日はこの辺で!
けど今日は指が痛いなあ
お休み!┌|^o^|┘オ┌|^O^|┘ヤ┌|^・^|┘ス┌|^-^|┘ミィ

ドラ麻雀




おすすめ記事




posted by yutanpo at 18:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。