2014年04月14日

映画「ドクター・ドリトル2」に関して & DORA麻雀の役「二盃口」

う~~ん体重が・・・┐(´-`)┌
減量を始めないと・・

食事制限は不可能なので
スポーツか。。ヤレヤレ<(´ロ`')o

どれにしようかな?~(=^‥^A アセアセ・・・
手軽にできるスポーツと言えばテニスかな~
儂にとっては(-。-;)

さりとて、独りだと継続は難しいだろうなあ《《o(≧◇≦)o》》イヤァァァァ!!!
誰か一緒に続けられるパートナー緩墓(* ̄ー ̄*)ふふん!!

---------------------------

ここのところ映画一筋な感じなので映画のレビューをご紹介したいと燃えております!!!ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!

はい??あんたの紹介文ではないの??
というツッコミはスルーψ( ̄▽ ̄)ψイヒイヒイヒイヒ


本日は「ドクター・ドリトル2」の感想を紹介したいと思っていますヘ(^∇^ヘ)ヘ(^∇^ヘ) ウヒョヒョ


この映画の製作年は2001年です!!!

監督はスティーヴ・カーで、脚本がラリー・レヴィン[脚本]です!!!(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

この映画でメインで出てくる人はエディ・マーフィ (ドクター・ジョン・ドリトル)です!!(~ヘ~;)ウーン

取り敢えず、この映画の出ている人を列挙するとエディ・マーフィ (ドクター・ジョン・ドリトル)、クリステン・ウィルソン〔女優〕 (リサ・ドリトル)、レイヴン・シモーネ (シャリース・ドリトル)、カイラ・プラット〔1986年・女優〕 (マヤ・ドリトル)、アンディ・リクター (ユージン・ウィルソン)、ケヴィン・ポラック (ジャック・ライリー)、ジェフリー・ジョーンズ (ジョー・ポッター)って感じですね(〝⌒∇⌒〝)キャハハハ!!

<前作未見>中途半端な家族愛と中途半端な自然愛が

テーマの、中途半端な動物コメディ。



駄作と言うほどつまらない訳ではないが

、特に面白くもない。



売りである動物の仕草やおしゃべりも、

みんなして好き勝手にベラベラしゃべってるだけだし、

やたらヒネた事ばかり言うのでまったく可愛くない。



ギャグも下品なネタが多く幼稚だし、

終わり方も予定調和以前に、あまりに

も生温いご都合主義。

とにかく全てが薄っぺらい。



むしろ子供にこそ見せたくない作品。

子供向けではなく、子供騙し映画と言った方が

適切。





---------------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は二盃口に焦点を当てたいと思います!!わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい


同じ順子(シュンツ)が2つ揃う役のことをイーペーコー(イーペイコー)と言います。

イーペイコーを作るためには2つメンツを使うわけですが、
まだ2面子(メンツ)余っています。その残った2面子(メンツ)において、
もう一組の一盃口(イーペイコー)が揃う状態になると、二盃口(リャンペーコー)(二盃口)という3ハンの役になるんですうん!(^^)


イーペイコーはそれほど難しい役ではないと思いますが、
それを同場合に2つとなりますと一気に難易度が上がります│出口│ヽ(^ ∇^* )ツ....... バイバーイ♪


なお、二盃口は見た目には七対子(ちーといつ)と全く同じ形になるんですのですが、
七対子(チートイツ)は2翻なので二盃口を適用したほうが高得点になるんです(・・;)


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

二盃口(出現割合:0.05% )
こちらも出現率はかなり低いし、加えて複合も狙いにくい。しかし手牌の変化から狙える役ではあるので、ここは役を高める、廻し打ちで回避するといった形で狙えるので意外と融通は利く。ただその場合は二盃口確定というのは中々難しく、手広く打つ場合の殆どが平和、一盃口(高め二盃口)といった形になる場面が多い。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。"o(-_-;*) ウゥム…


今日はこの辺で
今日は何故か鼻が痛い。。治ってほしいなあ。。
温かくして寝~よおっと(-o-;) お(^◇^;)や(◎。◎;)す(T0T) み・・・



おすすめ記事




posted by yutanpo at 01:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。