2014年04月08日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 33 $の勝ち & 映画「市民ケーン」に関して

さあ!「スポーツの秋」やし、
スポーツを習慣にしようヘ( ̄ー ̄ヘ)))。。。フラフラァ

何が儂に適してるかな?(;~〓~) アセアセ
やっぱり楽なものと駄目ですからね
どうしてかと言うとキツイと続きませんからね( ̄ー ̄)ニヤリッ

さっさと考えよう(*≧┏∇┓≦*) ブヒャ!

---------------

最近映画大好きーな感じなので映画の感想をご紹介させて頂きたいと思います!(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・

はい!?あなたの紹介文は?
という突っ込みはスルーで(*^m^*) ムフッ


今日は「市民ケーン」の感想について紹介しようかと思っています。U=^▽^)キャッキャッキャッ


この映画が作られた年は1941年です!!!!

監督はオーソン・ウェルズで、脚本がオーソン・ウェルズとハーマン・J・マンキウィッツです!!!!ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪

この映画でメインで出てくる人はオーソン・ウェルズ (新聞王チャールズ・フォスター・ケーン)です!!!!/(@゚ペ@)ウーン

この映画の俳優さんは、オーソン・ウェルズ、ジョセフ・コットン、ルース・ウォリック、アグネス・ムーアヘッド、ウィリアム・アランド、ポール・スチュアート、エヴェレット・スローン、ドロシー・カミンゴアってな感じ_(*_ _)ノ彡☆ギャハハハ!!バンバン!!

先ず、語り口が下手でしょう。



「バラのつぼみとは何か」とふっておきなが

ら、かなり漠然と関係者による想い出話を

渡り歩くだけ。

最終的にケーンの言動は愛情の示し方、

受け方を知らず育ったからなんだろうと想像させるような真相で

、感慨深いものがあるものの、観客の興味を

誘導する、あるいは持続させる技術が

乏しい。





やはり、まだ映画自体が発展途上な感じの作品。



登場人物の一人が言った「記憶は

人類に科せられた呪いだ」って台詞が

印象に残る。







---------------

麻雀の役って一杯ありますよね~m(;∇;)m うれしすぎるっ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は天和に焦点を当てたいと思います。∩(´∀`)∩ワァイ♪


役満の1つ。


自分が親であり、配牌場合に和了りりの形ができている時に成り立つ。

和了の形はなんでもよく、役なしでも七対子(チートイツ)でも他の役満でもかまわないチェッ!!ρ(゚δ゚ *)イジイジ

あくまで最初の配牌場合の14枚で形が出来ていることが条件でしょう。

第一配牌でカンしてリンシャンで和了しても天和(てんほう)ではない。


完全に運によってのみ出現する役であり、「天からの授かりもの」の意から名付けられている。

天に対してロンをするという意味から「天和(テンホウ)」という名前が付いており、
今でも天和(てんほう)はロンアガリだという説を支持する人もいる( `ι´;)ククク

ただし実際のゲームにおいては、放銃者がいなくてはロン和了りの支払いが出来ないため、
語源はともかくとして自摸あがり扱いとして扱われている。。。。。。。。タッッタッタッタッタッタタタタタタタ!( ^^)ノノ


まず見ることのない役満であり、一生打ち続けてみるか見ないかというレベルですね。

実際、全ての役満の中で四槓子(すーかんつ)と並んでもっとも見る頻度が少ない。

ある人が計算した結果によると、天和(テンホウ)の出現率はおよそ33万分の1なんだとか(-"-;A ...アセアセ



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

天和(出現割合:0.000003%)
麻雀の役の中で一番出にくい役。
ダブル立直ならばちょくちょく見れるが、確率的に33万分の1と言われている役満。
しかし麻雀人口が圧倒的に多い日本では見たことがある、出したことがあるという人もちらほら。賭け麻雀の場で実際に目の当たりにしたらその人間が何かしていないか疑うレベルの役満だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。"ノ(-________-;)ウゥーム・・・



DORA麻雀のレート

今晩はこの辺で
しっかし今日は腕が痛いなあ
ばいば~いヾ(´○` )お♪( ´▽`)や♪(´ε` )す♪( ´θ`)ノみ♪

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 155 $の勝ち & 映画「マルコムX」に関して


DORA麻雀 登録




おすすめ記事




posted by yutanpo at 23:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。