2014年03月24日

映画「16ブロック」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 168 $の負け

今こそ「スポーツの秋」やから、
スポーツを始めようかね( ̄ー ̄)ゞ-☆イエッサー

何がいいかな~?・・・(゚_゚i)タラー・・・
やっぱり手軽にやれるやつでないといけないよね
なぜならキツイと続かないですからね( ̄ー ̄)ニヤリッ

さっさと考えよ|* ̄∇ ̄|ニヤッ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと考えています!(o^-^o) ウフッ
と言ってもヤフーにある感想ですがv(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪


今日は「16ブロック」の感想について紹介しようかと思っています。♪♪♪♪Happy (ノ^^)乂(^^ )ノHappy♪♪♪♪


この映画が作られた年は2006年です。

監督はリチャード・ドナーで、脚本がリチャード・ウェンクですウキャキャヾ(>▽<)ゞヾ(▽^ )ゞヾ( >▽)ゞウキャ

この映画でメインで出てくる人はブルース・ウィリス (ジャック・モーズリー)とモス・デフ (エディ・バンカー)です!!(・・*)。。oO(想像中)

取り敢えず、この映画の出ている人列挙するとブルース・ウィリス (ジャック・モーズリー)、モス・デフ (エディ・バンカー)、デヴィッド・モース (フランク・ニュージェント)、ジェナ・スターン (ダイアン・モーズリー)、ケイシー・サンダー (ダン・グルーバー署長)、キルク・カザート (ジミー・モーヴィー)、デヴィッド・ザヤス (ロバート・トレス)、ピーター・マクロビー (マイク・シーハン)、コンラッド・プラ (オーティズ)、キム・チャン〔男優〕 (サム)ってな感じオホホホ!!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞオホホホ!!

手堅くまとまったストーリーは、破綻も無い代わりに

ドキドキも無い。



他の皆さんのレヴューを読みましたが

、みんな思うところは同じようで……。



w まずエディが五月蝿い。

ジャックが、エディを守り告発に踏み切る動機付けが

弱い。



バスに立て篭もった辺りでガントレットを

思い出す。



そんな感じでしょうか。





まぁ可も無く不可も無く、こんなモンかな? という映画で

した。







□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

麻雀の役って一杯ありますよね~。ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は九蓮宝燈を説明したいと思います。(*^-゚)vィェィ♪


九蓮宝燈(チューレンポートー)は特殊な形のメンチンであると定義できる。
すなわち同色の数牌で次のような和了を作った際に成立する( ̄0 ̄)/ オォー!!


一萬一萬一萬二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬九萬九萬九萬 + 任意の同色牌


メンゼンでなければならず、チー・ポンは当然のこと、1や9を暗槓(アンカン)した形も認められない。

また、九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)のテンパイ形から立直を掛けた際、4枚目の1や9を引いてきてもアンカンできません..・ヘ(。≧O≦)ノ ニゲロー!!


元来は後述する9面張の形じゃなければ九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)として認められなかったが、
今の時代一般的なルールでは待ちの形は問われず、
最終的な和了が上の牌姿になっていれば九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)として認められる。

つまり9面張ではない以下のようなテンパイ形から和了しても九蓮宝燈(チューレンポートー)になるマダカナ((o(= ̄¬ ̄=)o))マダカナ?


一筒一筒一筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒八筒九筒九筒九筒 の形で、二筒でホーラ。
ワクワク}}


このような9面張ではない形は、古くは「準正九蓮宝燈」「準性九蓮宝燈」
「準九蓮宝燈」と呼ばれることがあった(`◇´)ゞアイアイサー!

しかし、「純正」と「準正/準性」が同音であるためまぎらわしく、
「準」の字を使う言い方は既に廃れている。

現在は「じゅんせい九蓮」と言えば9面張の形である「純正九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)」を指すε=ε=ε=ε=ε=ヽ(T T)ノ マッテハナー--  ωトコトコ


その華麗な牌姿から数多くの打ち手が憧れる役満の筆頭であり、
麻雀最高峰の役とされているが、それだけに難度が高く、
天和(てんほー)・地和(ちーほー)と並んで希少価値が高い。

和了りのパターンとしては、清一色から手が伸びて九蓮のテンパイになり、
高目となります牌で和了り、という形が其れ程ですねリョウカイッ!( ・Θ・)ゞピヨッ!!

1と9が早い段階から対子以上だったり両方とも暗刻だったりすれば、
多くの打ち手が九蓮宝燈(チューレンポートー)を意識するものの、
最終的に純正9面待ちになるのは非常に稀です。


実際、コナミの麻雀格闘倶楽部が2003年10月に集計した統計記録によると、
高目九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)は全役満19万1724件中308件で0.16%、

これに対し9面待ちの九連宝燈は32件で0.0167%であった(@゚ー゚@)ノ∃ □ =ノ 勹♪
(ただし、当時の麻雀格闘倶楽部では「九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)は萬子のみの役」
というルールになっていた)



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀


ドラ麻雀の登録

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

九蓮宝燈(出現割合:0.00045%)
九蓮宝燈も若干ルールによって変化するであろう役満。
DORA麻雀では九面待ちでダブル役満になるローカルルールは採用されていない。
また、九蓮宝燈はマンズかどうか? と気になるところだが、DORA麻雀ではマンズ、ソーズ、ピンズの全て九蓮宝燈を採用している。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(*'へ'*) ンー



DORA麻雀

本日はこの辺で!
しかし今日は何故か指が痛い。。治ってほしいなあ。。
明日もあるしおやすみ~川*'o'*川ノ~お川*'0'*川ノ~や川*'・'*川ノ~す川*'ー'*川ノ~み



おすすめ記事




posted by yutanpo at 06:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。