2014年03月21日

映画「ファーゴ」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 199 $の負け

う~~ん、やばいな。。この前、健康診断の診断結果が返ってきた(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

結果は・・異常あり。(八、)~~~~~====333 ヒドイワァ・・・

まずは減量をしないといけないので
うーん、ダイエットか。| ̄ω ̄、|グスン

節食は無理ゲなので
スポーツするか┐(´-`)┌

どんな競技がいいかな~?アセアセ...A=´、`=)ゞ
スポーツと言えばバスケットボールですかね
私にとってはアセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

だけど、一人でやるとなると継続できる自信がないヤレヤレヽ(~~~ )ノ
誰か一緒にやってくれる友達を誘わないと♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(≧▽≦)o(o≧▽≦)o キャハハ☆♪

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を紹介したい!と考えています!!(='m') ウププ
とは言ってもyahooに載ってる感想ですが☆ヽ(▽⌒) きゃはーん♪


今日は「ファーゴ」の感想ですねニャハハ!(≧∇≦ )人( ≧∇≦)ニャハハ!


この映画が作られた年は1996年です!!!

監督はジョエル・コーエンとイーサン・コーエンで、脚本がイーサン・コーエンとジョエル・コーエンです!!!!拍手喝采!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!

この映画の主役はフランシス・マクドーマンド (マージ・ガンダーソン)やスティーヴ・ブシェミ (カール)です!('-';A エーット,,アノォ..ソノォ...

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
フランシス・マクドーマンド (マージ・ガンダーソン)、スティーヴ・ブシェミ (カール)、ウィリアム・H・メイシー (ジェリー・ランディガード)、ピーター・ストーメア (グリムスラッド)、ラリー・ブランデンバーグ (スタン・グロスマン)、ジョン・キャロル・リンチ〔男優・1963年生〕 (ノーム・ガンダーソン)、ハーヴ・プレスネル (ウェイド)って感じですね。ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪

テレビのちっこい画面で観たことが悔やまれるほどの、

圧倒的な映像美。



特にオープニングとか、ウィリアム・H・メイシーが

雪の中車に向かって歩いていく俯瞰のシーンは

、大画面で観たかった~。



映画にはよく「実話に基づいた」というのが

あるけど、私にとってそれはどうで

もいいことで、要は面白いか否か、

これに尽きるわけです。



実話より面白いフィクションだってたくさんあるし、

逆もまた然りなわけで。



どうせ、脚色されてるんだし(笑)。



で、結論を言いますと、これは最高に

面白い!「変な顔」ブシェーミの最期が

あまりにもむごくて、同情と笑いを

禁じ得ません。



ほかの役者陣もお見事!

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~o(〃^▽^〃)oあははっ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は二盃口を説明したいと思います!!ヽ(;´Д`)ノわらいすぎた~っ!!


同じ数牌の同じ順子(シュンツ)2面子をひと組として、これをふた組揃えた場合につく役です。

門前(メンゼン)で完成させる必要があります。

1雀頭4面子(メンツ)でしょうと同際に七対子(チートイツ)と同じアガリの形でもありますが、
二盃口としてあがり可能です際、七対子(ちーといつ)はつきません。


文字通り一盃口(イーペイコウ)を2つ作ることで成り立つ。
チーやポンをしては不成立になるなど、条件は一盃口(イーペイコー)とほぼ同じです。

3翻の高得点に設定されていることからわかるように、
見た目のわかりやすさ以上に作ることが困難ですよ。


役満ほどではありませんが、出現する頻度は低いといっていいだろう。

二盃口(りゃんぺーこー)を狙うために必要な牌の種類が限定されていくため、
むだなツモも多くなり、狙いすぎると際間がかかってしまう場合も見られます。


なお並べ替えると「七対子(ちーといつ)」の形にも見えますが、七対子との複合はせずに
「二盃口(りゃんぺーこー))」の3ハンだけが適用されてしまうから注意しましょう


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

二盃口(出現割合:0.05% )
こちらも出現率はかなり低いし、加えて複合も狙いにくい。しかし手牌の変化から狙える役ではあるので、ここは役を高める、廻し打ちで回避するといった形で狙えるので意外と融通は利く。ただその場合は二盃口確定というのは中々難しく、手広く打つ場合の殆どが平和、一盃口(高め二盃口)といった形になる場面が多い。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ(・x・ ).o0○


今から10時間後には待ちに待った中学生の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかな( ̄ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)分身ニヤリ

DORA麻雀のレートについて




おすすめ記事




posted by yutanpo at 17:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。