2014年03月21日

映画「刑事コロンボ/構想の死角<TVM>」の感想 & DORA麻雀の役「ツモ」

きのうは特別に暑かったですね。(`^´ゝラジャー

秋と言えばサンマが旬!⊂=⊂=⊂(┛゚Θ゚)┛ビューーーーンッ!!

秋刀魚に合う食物を考えるとさつまいもと玉ねぎの味噌汁ですね(^|0|^) オーイ!!


これらにきゅ~っと「純米大吟醸雫酒 吟霞」を飲むと最高ニャハハ(*^▽^*)

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

ここのところ映画にぞっこんラブなので感想をご紹介したいと考えています!![壁]ー ̄)ニヤッ( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤーーーリッ

え!?自分のレビューじゃないのかよ!?
なんて突っ込みはスルーで┫ ̄旦 ̄┣ ロボにやり!


本日は「刑事コロンボ/構想の死角」の感想ですね。キャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ


この映画が作られた年は1971年です!

監督はスティーヴン・スピルバーグで、脚本がスティーヴン・ボチコです!!(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

この映画のメインは何と言っても!!!ピーター・フォーク (コロンボ)です!!!(-_-;ウーン

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、ジャック・キャシディ (ケン・フランクリン)、マーティン・ミルナー (ジム・フェリス)、ローズマリー・フォーサイス (ジョアンナ・フェリス)、バーバラ・コルビー (リリー・ラ・サンカ)ってな感じd(⌒ー⌒) グッ!!

やはりラストが弱すぎるでしょうこれは





それまでの運びは悪くないんだから、

最後にびっくりするような仕掛けが

あれば相当優れた作品になったと思われるのに

残念。





あと殺される場面で被害者が犯人の方を

見てしまうのは絶対おかしい。

その瞬間に「ケン、何するんだ!」って叫ば

れたら電話してる奧さんに聞かれて終わりじゃないか。

電話している最中に撃つのなら絶対バレないように

慎重に後ろに回ってズドン、とやらないと……。



あとラサンカさんが殺される場面の表情が

秀逸だった。





◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~(*゚▽゚*)
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回はツモを説明したいと思います!(~0~)/□☆□\(~▽~ ) キャンパーイ


ツモというのは最も一般的な役の一つですね。
ここでは、生徒役の金城と師匠役の藪のおふたりに出てきてもらいましょう。


金城『ポン・チー・明槓(ミンカン)つまり「鳴く」ってことをせずに、
自分がひいた牌(ツモあがり)で上がれれば、それだけで1翻もらえるんですよヾ(( ゚)д( ゚))ノイヒヒヒヒー♪』


藪『そうですね
たまに誤解されますがリーチ(立直)をしていなくても「門前ツモ」は付きます。

例えば、
[STEP1]まずリーチ(立直)を宣言する
[STEP2]直後の自摸で当たり牌を引いて自摸和了り

この場合ですと


(リーチ(立直)/1ハン)+(門前(めんぜん)ツモ/1ハン)+(一発/1ハン)
=合計3ハン となります。


関東では「パツヅモ!」関西では「即ヅモ!」「リッソクヅモ!」とか言いますね。

これに裏ドラがのったりするから、リーチ(立直)は得点を跳ね上げるチャンスでもあるのですよー(*゚ー゚)(*。_。)ウンウン♪(゚ー゚*)(。_。*)ウンウン♪

また、他の人の牌をもらうポンやチーをしないことを「メンゼン」と言いますが
正確には「門前清(メンゼンチン)」といいます。』


金城『門の前が清らかってどういう意味なんだろヾ(@~▽~@)ノほへぇ?』


藪『今の麻雀はポンやチーをすると自分の右側に置きますが、
昔の中国の麻雀では自分の牌の前、
積んである牌山との間にポンやチーをした牌を置いたんですよね。

つまり、ポンやチーをしないと自分の牌の前になにもない状態になります。

そういう意味で自分の牌を「門」に見立てて「門の前が清らか(門の前になにもないよ)」という感じで
「門前清」という言葉になりました。ちょっとした雑学ですよヘ(°◇、°)ノ~ ウケケケ...』



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

門前清自摸和(出現割合:17.6%)
面前で安全に逃げ切るか?
早上がりでリスクを負って勝負を決めるかの二種類の考えがDORA麻雀にあり、ラス回避を考えるのならばいつでも降りれる状態を視野に入れて門前清自摸和を使うのは非常に有効だろう。いつでも降りれる、と言うのがこの役の一番のポイント。手が伸びない愚形ならばこのまま廻し打ちをしつつ展開するのも良いだろう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(・へ・;;)うーむ・・・・


今から13時間後には待ち焦がれた中学1年生の友だちとの麻雀だ。
楽しみだアヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

映画「ボーン・コレクター」に関して & DORA麻雀の役「緑一色」




おすすめ記事




posted by yutanpo at 10:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。