2014年02月27日

映画「砂の器」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 76 $の負け

今から「スポーツの秋」ということで、
スポーツを始めないとねo( 〃゜▽゚〃)ゝオォーイ!!

何にしようかな?( ̄Д ̄;;
やはり手軽にやれるやつやっぱり
なぜならシンドイと続かないからね~ニャハ(o(*^▽^*)o)( ^^)( ^)( )(^ )(^^ )(o(*^▽^*)o)ニャハ

考えておこう( ̄m ̄* )ムフッ♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと燃えております!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
ってヤフーに載ってる感想ですがU\(●~▽~●)Уイェーイ!


本日は「砂の器」の感想ですね!!(^▽^)/


この映画が作られた年は1974年です。

監督は野村芳太郎で、脚本が橋本忍、山田洋次です!!!ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪

この映画の主役は今西栄太郎演じる丹波哲郎です。o( ̄ー ̄;)ゞううむ

この映画の他の俳優さんを列挙すると、加藤剛、森田健作、島田陽子、山口果林、加藤嘉、春田和秀、松山省二、内藤武敏、春川ますみって感じですね。(@⌒ο⌒@)b ウフッ

松本清張の原作の持つ薄暗さを損なうことなく、

音楽との相乗効果もあって重厚なまで

に仕上がっている。



重く心に響く。



そう遠くない過去(昭和の初め頃)に

、現実としてあった残酷な差別をまざまざと突きつけられ、

如何ともしがたい気持ちに追い詰められるのだ。



社会が成熟した現在では「差別はいけない」と言うのは

簡単だが、当時に置き換えて考えると果たして自分の行動に

自信がなくなる。



幸せの中に隠れた過去の闇を浮き彫りに

させる手法は清張の十八番だが、回想シーンに

出てくる加藤嘉さんの演技で作品に

凄い説得力が生まれている。







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

麻雀の役って一杯ありますよね~。~\(^-^)/バンザーイ./( )\モヒトツ\(^o^)/バンザーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回はハイテイを説明したいと思います!! ワーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ 


ハイテイには2種類あり、河底撈魚(ホウテイロン)と海底摸月(ハイテイツモ)です。

異なる役ですが「ハイテイ」とまとめられていることが多いです。


○河底撈魚(ホウテイロン)

海底牌(最後のツモ牌)で自摸あがりするアガリ役です。

・ハイテイで自摸ってきた牌は槓(カン)することができません。
・ハイテイで捨てられた牌はポン・チー・カンすることができません。
・途中で槓(カン)があった際、海底牌がカンのあった数だけズレるので、注意が必要です。


○海底摸月(ハイテイツモ)

海底牌でロンするアガリ役です。海底摸月(ハイテイツモ)のロンバージョンだと考えることができるよ┗┫´,_ゝ`┣┛プッ

最後の1牌を切る人は注意して切りましょう。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

ハイテイ(出現割合:0.94%)
ハイテイには2種類あります。
河底撈魚
最後の牌で出上がりした時に付く役。
実は出現割合:0.63%以上に遭遇している感覚は強いはず。というのも、基本的に麻雀で流局になることもあまり無いが、ラス牌などはリーチをしている状態やテンパイ維持が他家も頭の中を過ぎるはず。456の危険牌なんてそうそう捨てないイメージもあるが、そうでなくともこちらのテンパイが16巡目なども麻雀ではシバシバある。期待するほどではないが、「もしかしたら……」ぐらいで考えておくと良いかもしれない。

海底摸月
最後に引く牌でツモ上がりをすること。狙ってできないのは当然で、視野に入れて打つ必要も全くない。トップを取りに行ってる最中でどうしても点数が足りない時、裏ドラに賭ける状況は全く無くは無いが、さすがに海底摸月は狙いにいけない。上がったらラッキーぐらいに思っておきましょう。


------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ( ̄~ ̄;) ウーン


今から7時間後には待ちに待った浪人の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかな( ̄∇ ̄)

DORA麻雀 戦略




おすすめ記事




posted by yutanpo at 14:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。