2014年02月16日

DORA麻雀の役「七対子」 & 映画「ファーゴ」のレビュー

季節もガラッと変わり夏が終わり秋になったね( ̄▽ ̄) ニヤ
夜もちょっと寒くブランケットを用意しないと少し寒い気がします
秋風邪にならないために用心しないと!ブレーキ。。。。。。。。。。。。。。。(((((*><)キキキキ

■□■□■□■□■□■□■□

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと燃えております。[壁]・m・) プププ
ってヤフーに載ってる感想ですがo(〃^▽^〃)oあははっ♪


今日は「ファーゴ」の感想について紹介しようかと思っています!!!∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッシ ∩( ´∀` )∩ ョーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩


この映画が作られた年は1996年です。

監督はジョエル・コーエンとイーサン・コーエンで、脚本がイーサン・コーエン、ジョエル・コーエンです!!!!(^_-)vブイブイッ

この映画でメインで出てくる人はフランシス・マクドーマンド (マージ・ガンダーソン)とスティーヴ・ブシェミ (カール)です!!エートォ (・o・) エートォ

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、ウィリアム・H・メイシー、ピーター・ストーメア、ラリー・ブランデンバーグ、ジョン・キャロル・リンチ〔男優・1963年生〕、ハーヴ・プレスネルって感じですね。ウマイウマイ ""ハ(^▽^*) パチパチ♪

昔、母から「ひとつ嘘をつけばその嘘を

隠すためにまた嘘をつく必要がある。

嘘の上塗りは自分も苦しめ、他人を

も傷つける」と教わった。



この映画はまさに、嘘の上塗りによって訪れた悲劇の数々。



深い理由も無く、各々の私利私欲や自己防衛本能が

引き起こした悪夢。





そんな人間の汚れなど知りもせず、

壮大な地を覆う純真無垢な雪景色。





純粋さの象徴である自然でさえ人の手に

より汚される様は、その生々しさに

思わず息を止めたものの、皮肉なことに

美しさに魅せられてしまったこともまた事実だった。



淡々としたストーリーなのになぜか最後まで

飽きず食い入るように観てしまうのは

、映像の見せ方の巧さと、人間の本質を

突いた心理描写よる貢献が大きいと思う。



まさにコーエン兄弟ならではと言ったところか。

登場人物の誰も幸福そうに見えないのが

、何ともいたたまれない気持ちにさせた。



そして、人を殺す事に何ら躊躇いの無い人間は

狂気だが、私利私欲のために動く人間の業の深さ・欲深さに

は恐怖と哀れみを感じざるを得なかった。







■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~('▽'*)ニパッ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は七対子を説明したいと思います!!!!(*'-'*)エヘヘ


二ハン役の1つ。

普通は面子が4つの雀頭1組から成るのが役でしょうが、七対子(ちーといつ)は例外の1つです。

元々はアメリカで生まれ、「緑一色」と共に日本へ逆輸入された役。

対子(トイツ)(同じ牌が二つある状態)を7つ揃えることで役が成立し、
覚えやすいが作りにくく単騎待ちになりますから少々あがりにくい。

だけど、必ず門前(メンゼン)手になり、リーチ(立直)をかけて裏ドラが乗れば
2枚は確定ですので点が伸びやすく、タンヤオなども絡むと更に伸びる。

また、単騎待ちですため、リーチ(立直)をかけなければ待ち牌の変更はしやすい。


特殊なメンツ構成ですので、符計算はロン・ツモに関わらず
原則25符として計算されるが、50符1翻や30符2ハンとするなどのローカルルールも存在します。


ルールとしては、同じ牌を4枚使用した場合に
七対子(ちーといつ)と認めるか否かという取り決めがあります。

日本では三人打ち麻雀で認められている際もあるが、
一般的には認めないものとして打った方が無難であるoh!((゚o゚#(C=(--;)バキッ!

なお、各麻雀団体による公式ルールやオンラインゲーム等では原則認められていない。

また、イーペイコウの形が手中に入ることもあるが、
これとは複合することはなく七対子だけとなります。

二盃口(りゃんぺーこー)が入った際は、高い方の得点を取るルールから、
二盃口(リャンペーコー)が優先されてしまう。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

七対子(出現割合:2.52%)
役満である国士無双を除くと唯一の特殊形がこの七対子。
もちろんDORAでは符計算はそのまま採用なので、点数自体 「二飜=1,600/2,400、三飜=3,200/4,800、四飜=6,400/9,600」(子/親)と計算される。
尚、七対子なので同じ槓子(同じ牌が4枚)は認められない。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じなんだっけ?(゚~゚)ヾ


今から12時間後には待ち焦がれた高校の友だちとの麻雀だ。
楽しみだ☆^(o≧▽゚)oニパッ

DORA麻雀の場代




おすすめ記事




posted by yutanpo at 00:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。