2014年03月10日

映画「アマデウス/ディレクターズカット」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 41 $の勝ち

本日の朝6生ワイドでは凄い良い結果だったので、
今日は新しいことに挑むべきか。。
ここの所、ヨッシーアイランドDSにハマってみよかと思ってるんですよ(^_^)ニコニコ
新たなことってゲームかいって話ですが・・・
余暇の過ごし方って人生において重要な要素なのですどろん!! |ω-) |-) |) ※パッ
理解??
要りません⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ

---------------------------

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと考えていますイエーイ(∇~*d)(b*~∇) イエーイ
と言ってもヤフーに載ってる感想ですがO(≧∇≦)O イエイ!!


今日は「アマデウス/ディレクターズカット」の感想について紹介しようかと思っています!v('ω'*v)ピースピース(v*'ω')v


この映画が作られた年は2002年です。

監督はミロス・フォアマンで、脚本がピーター・シェーファーです!!!!((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))フッ

この映画のメインは、F・マーレイ・エイブラハム (アントニオ・サリエリ)です!「(゚~゚o)ウゥーン

この映画の出ている人を列挙するとF・マーレイ・エイブラハム (アントニオ・サリエリ)、トム・ハルス (ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)、エリザベス・ベリッジ (コンスタンツェ・モーツァルト)、ロイ・ドートリス (レオポルド・モーツァルト)、サイモン・キャロウ (エマヌエル・シカネイダー)、ジェフリー・ジョーンズ (皇帝ヨーゼフ二世)ってな感じ。v( ̄ー ̄)v

トム・ハルス演じる世渡りは下手だけれども子供っぽくて純真そのもののモーツアルト、

そしてエイブラハムが演じる俗物根性丸出しで

モーツアルトの才能に嫉妬する憎らしいおっさんのサリエリ・・・オリジナル版で

はその対比をネビル・マリナー指揮のモーツアルトの音楽を

バックにたっぷりエンジョイしましたが

、20分のフィルムが追加されただけで

こうまで作品の印象が変わるとは・・・。



オリジナル版を見てこちらを見ようかどうか考えている人に

一つ質問・・・モーツアルトはあまり経済的に

豊かではなかったのになぜ奥さんは

いつでも貴婦人のような贅沢な格好を

していたのでしょうか?金持ちのお母さん(モーツアルトの姑)に

あつらえてもらったのでしょうか?新バージョンを

みればその答やその他いろいろなことが

わかります。





モーツアルトに負けないくらい純真な妻コンスタンツアが

何とかして夫を助けようとする努力の姿も描かれていますし、

また、モーツアルトは黒衣の男に脅されレクイエムを

作曲し、本人はその完成を自分の死期と重ねていたと一般に

言われ、またオリジナル版ではそれに

近い筋になっていますが、新バージョンで

はちょっと違います。





それにしても「魔笛」と「レクイエム」の二つの大作の作曲を

同時に手がけるなんて・・・現在と違ってオーケストラの全てのパートを

手書きするんですから体力的に完全に

まいってしまいますよね。



モーツアルトがなぜそんなことをしたのか、

その理由も新バージョンでわかります。



結論として、私はオリジナル版のほうが

好きです。



現実は天才に冷たかった。



でも私は彼が作曲した音楽と同じく天真爛漫で

無邪気なモーツアルトしか見たいと思いません。





---------------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~。ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は役牌を説明したいと思います!!!=*^-^*=にこっ♪


役牌というのは最も基本的な役の一つですね。
ここでは、先輩役の菅と生徒役の岩井のお二人に出てきてもらいましょう。

菅『今回は「役牌(ヤクハイ)」別名「翻牌」と呼ばれる役を紹介します!
全37種類麻雀役の中で第2位の登場頻度だから、けっこう頻繁に見ることができる。


これは字牌の中でもを三元牌・場風・自風を用います。
「三元牌(さんげんはい)」とは白、發、中のことです。


方法は簡単で、この三元牌・場風・自風で刻子(コーツ/同じ牌3枚)を作れば、それで「役牌」の完成です。1翻の役ですよ。』


岩井『ああ、なるほど。かなり簡単ですね。
じゃあ、例えば白と場風が刻子になっていれば2ハンになるんですか?』

菅『ただし「麻雀は1ハンないと上がることができない」という条件は、
「役牌」の1翻で満たされているため、別にリーチをしてもしなくてもアガれる。

立直をすれば、その分の点数は高くなる。

しかし立直は「あと一歩で完成」と教えるわけですので敵に警戒されることになる。

まあ、これは微妙なカケヒキです(;´Д`A ```』



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

役牌(出現割合:40.0%)
今流行(?)の早上がりのスタンスでは、一番に鳴くのがこの役牌。
鳴いた瞬間に1役確定するのは上がり重視の観点からしても大きく、DORA麻雀で人気のある東風戦での戦いの中では一番世話になる役だ。もちろんドラが役牌の場合はすぐに飛びつくことで序盤から他家にプレッシャーをかけながら優位に卓を進めることもできる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。(━_━)ゝウーム



こちらのブログ

この辺りで!
しっかし
温かくして寝~よおっと┌|^o^|┘オ┌|^O^|┘ヤ┌|^・^|┘ス┌|^-^|┘ミィ



おすすめ記事




posted by yutanpo at 17:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「天城越え(1983)」の感想 & DORA麻雀の役「ハイテイ」

一昨日も凄い雨でしたね(((((((((((o_ _)o ドテッ  ∥出口∥

雨が降ったせいで服がかなり溜まってしまったからな~゚゚(´O`)°゚ ウワーン!!

ほんじつは洗濯しないとね(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ
それと心の洗濯もしよっかな~ニャハハ!(≧∇≦ )人( ≧∇≦)ニャハハ!

----------------

最近映画にハマりまくっているのでレビューをご紹介したいと燃えております!!!拍手喝采!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!

はい!?あなたのレビューではないの??
って突っ込みは華麗にスルーしますワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ


本日は「天城越え(1983)」の感想について紹介しようかと思っています!ウケケ~ψ(◇´*)ψ(`∇´)ψ(ψ゚ρ゚)ψウケケ


この映画の製作年は1983年です!!!

監督は三村晴彦で、脚本が三村晴彦と加藤泰です!!ギャハハハ!!☆ミヾ(∇≦((ヾ(≧∇≦)〃))≧∇)ノ彡☆バンバン!!

この映画のメインは何と言っても!!!田中裕子 (大塚ハナ)や渡瀬恒彦 (田島刑事)です。(━_━)ゝウーム

この映画の出ている人列挙すると田中裕子 (大塚ハナ)、渡瀬恒彦 (田島刑事)、伊藤洋一 (小野寺建造(中学時代))、平幹二朗 (小野寺建造)、吉行和子 (建造の母)、小倉一郎 (建造の叔父)、柄本明 (旅の呉服屋)、坂上二郎 (旅の菓子屋)、佐藤允 (江藤署長)、石橋蓮司 (土屋良作)ってな感じ(*'-'*)エヘヘ

天城峠の自然の美しさは勿論だが、何よりも田中裕子の妖艶な演技が

素晴らしい。



雨の中、少年と向き合うシーンは心奪われて魅入ってしまいました(本当に

菩薩のように見え、私の中では忘れられない名シーンの一つに

なりました)。



聞くところによると、失禁シーンは

仕掛けではなく本当にしたとか?・・・その女優魂に

も感服です。



あと思春期の少年の何とも言えないモヤモヤ感も良く描かれていたと思います(私は

すんなり感情移入できましたし)。



という訳で、なかなかの良作だと思いましたで

す。





----------------

麻雀の役って一杯ありますよね~d=(´▽`)=b ィェーィ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回はハイテイに焦点を当てたいと思います。_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!


ハイテイツモとは、ハイテイ牌でツモ和了りする和了役です。

豆知識ですが、東家から始めて誰もポン・チー・ミンカンをしていない時は、
ハイテイ牌は南家がツモりますが、誰かがポン・チー・明槓をした場合は順番が変わるため、
別の人がハイテイ牌をツモることになる。


他に役が無くても和了ることができますが,
1局につき誰か1人にしかチャンスのない役で、
作ろうと思って作れる役ではありませんから
初めからハイテイツモを期待してはいけません!。



海底牌(ハイテイハイ)とは

その局でツモル事の可能な最後の牌を海底牌(ハイテイハイ)と呼びます。

ハイテイロンとは、ハイテイ牌でロン和了する和了役です。
正式名は河底撈魚[ホウテイラオユイ]です。

自分が一局の最後の時、無理にテンパイを狙いすぎて完全に安全牌ではない牌をきってしまったりすると、ハイテイロンであがられてしまう際もあります。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ハイテイ(出現割合:0.94%)
ハイテイには2種類あります。
河底撈魚
最後の牌で出上がりした時に付く役。
実は出現割合:0.63%以上に遭遇している感覚は強いはず。というのも、基本的に麻雀で流局になることもあまり無いが、ラス牌などはリーチをしている状態やテンパイ維持が他家も頭の中を過ぎるはず。456の危険牌なんてそうそう捨てないイメージもあるが、そうでなくともこちらのテンパイが16巡目なども麻雀ではシバシバある。期待するほどではないが、「もしかしたら……」ぐらいで考えておくと良いかもしれない。

海底摸月
最後に引く牌でツモ上がりをすること。狙ってできないのは当然で、視野に入れて打つ必要も全くない。トップを取りに行ってる最中でどうしても点数が足りない時、裏ドラに賭ける状況は全く無くは無いが、さすがに海底摸月は狙いにいけない。上がったらラッキーぐらいに思っておきましょう。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。('-';A エーット,,アノォ..ソノォ...


今晩はこの辺で
今日は太ももが痛いなあ
明日もあるしおやすみ~(≧○≦)お(≧◇≦)や(≧o≦)す(≧▽≦)ノみ♪



おすすめ記事




posted by yutanpo at 05:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。