2014年01月21日

DORA麻雀の役「対々和」 & 映画「グミ・チョコレート・パイン」について

ぐあ~昨晩、健康診断の結果が戻ってきたんですね~アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

診断結果は・・・最悪...((((ノ^^)ノ ウヒョヒョヒョ(o_ _)o ドテッ

まずはダイエットを始めないといけないので
あー。ダイエットか~クスン(U_U)。。。

節食は不可能だから
スポーツか。。┐(´-`)┌

何にしようか?∑(; ̄□ ̄A アセアセ
楽に始められるスポーツといえば普通歩行なのかな
儂に限っては( ̄ー ̄; ヒヤリ

さりとて、一人だと継続は難しいだろうなあヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
誰か一緒にやれる仲間を誘わないと('0ノ'*)オーホホッ

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

最近映画にぞっこんLOVEなのでレビューをご紹介させて頂きたいと思いますワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ

え!?テメエの紹介文じゃないの?
なんてツッコミは華麗にスルーします(* ̄∀ ̄)ノ■☆■ヾ( ̄∀ ̄*) ノムゾォー!!


今回は「グミ・チョコレート・パイン」の感想について紹介しようかと思っています。( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) カンパーイ


この映画が作られた年は2007年です!!

監督はケラリーノ・サンドロヴィッチで、脚本がケラリーノ・サンドロヴィッチです!(ノ∇≦、)ノ彡☆ キャハハ!!バンバンッ!!

この映画でメインで出てくる人は石田卓也(俳優) (大橋賢三)です。(?(。_。).。o0O??

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
石田卓也(俳優) (大橋賢三)、黒川芽以 (山口美甘子)、柄本佑 (山之上和豊)、金井勇太 (タクオ(小久保多久夫))、高橋ひとみ (賢三の母)、山崎一 (賢三の父)、峯村リエ (タクオの母)、浅野和之 (タクオの父)、中越典子 (女教師)、竹中直人 (楽器屋)ってな感じヽ(*^∇゚)oC□☆□Do(゚∇^*)ノ カンパーイ♪

ちょっと泣きそうになった。

学生時代、映画ばかり観ていた。



ロメロにカーペンター。

学校の連中はつまらない奴ばっかり。



友達なんかいない。



でも好きなコはいる。



一度も話したことのない女の子。





20年後、風の噂で彼女が死んだことを

知った。



自殺らしい。





でも彼女はぼくのことを1ミリだって覚えていなかっただろう。

ぼくはもう地元を離れ、結婚していた。





つまらない大人になっていた。



でもぼくは、彼女の笑顔を忘れない。



あれ、何の話だっけ?『グミ・チョコレート・パイン』。





そう、それはぼくの物語に他ならない。





◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~ヘ(゚¬゚)ノ~ ウケケケ...
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は対々和を説明したいと思います!(‐^▽^‐) オーホッホ


対々和(といといほー)("トイトイ"及び"トイトイホウ") 二飜
ひとつの頭と残りの4面子が、刻子(こうつ)や槓子(カンコ)といった同柄の牌を3枚以上ずつ揃える役。


例えば
1筒 1筒 1筒 1索 1索 1索 ⑥筒 ⑥筒 ⑥筒 9筒 9筒 9筒 一萬一萬 二萬二萬
を一萬及び二萬を自摸及びロン


複合役:役牌・三暗刻(サンアンコー)・三色同刻・混一色・清一色(チンイツ)など


※手の内で、刻子を3つ作れていれば三暗刻(さんあんこー)(+2飜)、4つ作れば四暗刻(すーあんこー)(役満)です。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

対々和(出現割合:3.92%)
順子が無ければ良い単純な役。
しかし意外にその出現頻度を少なく、それでいて喰い下がりが無い対々和は鳴き麻雀を展開する人にとっては必ず視野に入れて打つ役である。「帯ヤオ九」以外にも「混一色」、さらに「三色同刻」も視野に入れるケースもあるだろう。ドラの副露の場合はハネ満まで伸びるケースも珍しくないので鳴きながらゲーム自体を終わらせる破壊力を持つ場合もある。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。…c(゚^ ゚ ;)ウーン


今晩はこの辺で
しっかし今日は鼻が痛いなあ
おやすみ~オ┤* ̄O ̄*├ヤ┤*-.-*├ス┤_ _├ミ



おすすめ記事




posted by yutanpo at 20:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「犬の生活」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 146 $の負け

やばいな太ってきた(。>0<。)ビェェン
減量しないと。。。

こないだ桃花スリムを中学の時の友達にお勧めされたので
試してみよかな(*^-^)ニコ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと考えていますキャハハ!!彡ヾ(▽≦*)ツ...ヾ(*≧▽)ノ彡キャハハ!!
とは言ってもyahooに載ってる感想ですがヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪


今回は「犬の生活」の感想について紹介しようかと思っています_(⌒▽⌒)ノ彡☆ばんばん!


この映画の製作年は1918年です!!!!

監督はチャールズ・チャップリンで、脚本がチャールズ・チャップリンです!(ノ∇≦*)キャハッッッ♪

この映画のメインは、チャールズ・チャップリン (浮浪者)とエドナ・パーヴィアンス (酒場の新人歌手)です!!「(ーヘー;)え~と...

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
チャールズ・チャップリン (浮浪者)、エドナ・パーヴィアンス (酒場の新人歌手)、シドニー・チャップリン(男優・1885年生) (ホットドッグ・スタンドの主人)、ヘンリー・バーグマン (職業安定所の男/ダンスホールの婦人)、チャールズ・F・ライズナー (職業安定所の職員)、アルバート・オースチン (悪漢)、トム・ウィルソン (警官)、グランヴィル・レッドモンド (ダンスホールの経営者)って感じですね(^-^)//""ぱちぱち

チャップリンの天才ぶりはこの40分に

凝縮されていますね。

ワンちゃんも可愛いし、職安でのあのコミカルさも、

財布を取ったり取られたりのやりとりも最高で

すが、やっぱり俺はあのズボンの後ろの破れてる部分からワンちゃんのシッポが

フリフリ出てて、リズミカルに太鼓を

叩くシーンが大爆笑でした(笑)やっぱりすげえよチャップリン!あとサイレント映画ってほとんど観た事が

無いんですが、台詞のある映画に比べて役者が

全体的に活き活きとしてて、しかも表情が

豊かで見応えがありました。





最後、2人の間の赤ちゃんじゃなく、

犬の赤ちゃんだったのも良かったなぁ~、

志村けんが前にズボンの中にワンちゃんを

しまうってネタを見たんですが、本当チャップリンの影響力を

改めて感じました。





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は嶺上開花に焦点を当てたいと思います。アーッヒャヒャヒャーΨ(゚∀゚ )Ψ(゚∀゚)Ψ( ゚∀゚)Ψアーッヒャヒャヒャー


ある意味特殊な一ハン役。

カンをした際に引く嶺上牌で自摸和了した時に成立する。

これ自体に嶺上開花と言う役が付くので、
手牌に予め役が付いていなくてもあがれるが、ハン数はたったの1でしょう。

カンのリスクと運任せな一翻では釣り合わないため、
役牌や対々和のオマケぐらいの感覚で狙うのがベター。

数牌加カンの場合は搶槓される可能性も考慮に入れる必要がある。


カンの成立を妨害する搶槓とは異なり、
カンが成立した上での和了りとなるんですので、カンドラをめくることができる
(もちろん、嶺上開花の場合はカンドラはめくらないと言う取り決めでやっている場所がある可能性もある)。


決まると非常にカッコイイので、
初級者(麻雀を理解し始めた)層を中心に狙われる傾向があるが、
確率的に見てもそうそう成功しない上に、前述の通り大きなリスクが伴うΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓

また、加カンそのものを蛇蝎の如く嫌う人も少なくないことも覚えておいた方が良いだろう。


麻雀漫画では、主人公が嶺上開花に関わる能力のようなものを
持っている漫画「咲-saki-」が有名である他、
後述の責任払いを利用して本来あり得ないところから
放銃を引っ張り出すテクニックとしてちょくちょく登場する。


また、積み込みやすり替えなどのイカサマが登場する漫画では、
カンドラ表示牌1つを仕込むだけの手間で実に4ハンもの追加が
見込めるリターンとなるから、積極的に狙っていくキャラクターもある(= ̄∇ ̄=) ニィ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

嶺上開花(出現割合:0.28%)
カンをした後に上がれる役。
こちらは運による要素は大きいものの、東風戦でテンパイ時ならばカンに抵抗が無い場合は多い。初心者は良くカンを好む傾向があるが、その時にどこまで嶺上開花を視野に入れるか? また確率的にほとんどが失敗するとして、その後のドラ表示牌をどう捉えていくか?
嶺上開花というよりは、カンに対する考え方が大きく変化しそうだ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じうーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ



天牌の名言

この辺りで!
しっかし今日は足が痛いなあ
温かくして寝~よおっとお《≡^o^》や《≡^O^》 す《≡^^》 みぃ《≡^-^》

DORA麻雀の場代




おすすめ記事




posted by yutanpo at 13:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。