2014年01月15日

DORA麻雀の役「九蓮宝燈」 & 映画「奇人たちの晩餐会」のレビュー

昨日は特に暑い(゚◇゚)ゞラジャ

秋と言えばサンマが旬ですね( -o-)/☆ビシッ!!(#ToT)バキッ!!○=(-_-; モイッチョ!!

秋刀魚に合う食べ物なら小松菜のおひたしだろうヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪


そしてこれに軽く一杯「吟醸生貯」を飲むと最高ワーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと燃えております!!Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ
ってyahooレビューに載ってる感想ですがホホホΨ(-◇-)Ψホホホ~~


今日は「奇人たちの晩餐会」の感想を紹介しようかと思っています!!!!☆ヽ(▽⌒) きゃはーん♪


この映画の製作年は1998年です!

監督はフランシス・ヴェベールで、脚本がフランシス・ヴェベールです!!!V(○⌒∇⌒○) ルンルン

この映画のメインは、ティエリー・レルミット (ピエール・ブロシャン)です!!!うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ティエリー・レルミット (ピエール・ブロシャン)、ジャック・ヴィルレ (フランソワ・ピニョン)、フランシス・ユステール (ジュスト・ルブラン)、カトリーヌ・フロ (マルレーヌ)、アレクサンドラ・ヴァンダヌート (クリスティーヌ)って感じですね。(ノ∇≦、)ノ彡☆ キャハハ!!バンバンッ!!

短くよくまとまっている映画である。

フランス人の笑いのツボを知ることが

できた。





晩餐会へ向かうのかと思いきや、大半は

主人公の部屋で撮られていることも注目で

ある。

「正直者は馬鹿をみる」と言うが、

ウソつきこそが馬鹿をみるということだろう。

主人公とピニョン、どちらがバカだったか?実は

、ピニョンこそが主人公のバカさ加減を

暴くためにわざわざ彼の家にやってきたので

はないかとも私には思えてしまうので

ある。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。(_ー+_)逆ニヤ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は九蓮宝燈に焦点を当てたいと思います!ъ川゚д^川 ィェーィ


九蓮宝燈は特殊な形のメンチンでしょうと定義できます。
すなわち同色の数牌で次のような和了を作った場合に成立するリョウカイ!(^-^ゝ


一萬一萬一萬二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬九萬九萬九萬 + 任意の同色牌


門前でなければならず、チー・ポンは当然のこと、1や9をアンカンした形も認められない。

また、九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)のテンパイ形から立直を掛けた際、4枚目の1や9を引いてきても暗槓出来ない°°┏(;;; ̄Q ̄)┛°°・ゼェゼェハァハァ


元来は後述する9面張の形でしか九蓮宝燈(チューレンポートー)として認められなかったが、
現在一般的なルールでは待ちの形は問われず、
最終的な和了形が上の牌姿になっていれば九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)として認められる。

つまり9面張ではない以下のようなテンパイ形からあがりしても九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)になりますモー! <-<)o>> クヤシィー!!


一筒一筒一筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒八筒九筒九筒九筒 の形で、二筒で和了。
ワクワク}}


このような9面張ではない形は、古くは「準正九蓮宝燈」「準性九蓮宝燈」
「準九蓮宝燈」と呼ばれることがあったイエッサー♪(o^-^)ゞ

が、「純正」と「準正/準性」が同音であるからまぎらわしく、
「準」の字を使う言い方は既に廃れている。

今の時代は「じゅんせい九蓮」と言えば9面張の形である「純正九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)」を指すε=ε=ε=┏( ̄ρ ̄Ξ ̄ρ ̄)┛キョロキョロ


その華麗な牌姿から数多くの打ち手が憧れる役満の筆頭であり、
麻雀最高峰の役とされているが、それだけに難度が高く、
天和(テンホー)・地和(ちーほー)と並んで希少価値が高い。

アガリのパターンとしては、清一色から手が伸びて九蓮のテンパイになり、
高目となります牌でホーラ、という形が全くであるほいほい(o‥o)/

1と9が早い段階からトイツ以上だったり両方とも暗刻だったりすれば、
多くの打ち手が九蓮宝燈を意識するものの、
最終的に純正9面待ちになるのは非常に稀です。


実際、コナミの麻雀格闘倶楽部が2003年10月に集計した統計記録によると、
高目九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)は全役満19万1724件中308件で0.16%、

これに対し9面待ちの九連宝燈は32件で0.0167%であった(゚o゚)ヨ(゚ロ゚)ロ(゚、゚)シ(゚・゚)クo(_ _)oペコッ♪
(ただし、当時の麻雀格闘倶楽部では「九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)は萬子(マンズ)のみの役」
というルールになっていた)



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

九蓮宝燈(出現割合:0.00045%)
九蓮宝燈も若干ルールによって変化するであろう役満。
DORA麻雀では九面待ちでダブル役満になるローカルルールは採用されていない。
また、九蓮宝燈はマンズかどうか? と気になるところだが、DORA麻雀ではマンズ、ソーズ、ピンズの全て九蓮宝燈を採用している。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ「(´へ`;ウーム


今から14時間後には待ち焦がれた大学2年生の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかな┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ

DORA麻雀 ルール




おすすめ記事




posted by yutanpo at 23:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。