2014年01月13日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 44 $の勝ち & 映画「エイリアンVS. プレデター」について

今日の朝まるJUST 藤森緑の星占いSpecialでは最高の運勢でしたので、
今日は新たなことに挑むべきか。。
ここの所、水中ウォーキングを習慣化させてみようかと考えているんですが中々始めれてなかったんですよね┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・
とは言っても、始めようと思うと様々なものを買いに行かないと駄目だからね~アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー
う~~ん。。メンド~(=^‥^A アセアセ・・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ここんとこ映画にぞっこんLOVEなのでお勧め映画の感想を紹介していきたいと考えていますヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ

え??テメエの紹介文じゃないの?
という感想は華麗にスルーします( '∇')ウフフフフ


本日は「エイリアンVS. プレデター」の感想について紹介しようかと思っています。。o@(^-^)@o。ニコッ♪


この映画が作られた年は2004年です!

監督はポール・W・S・アンダーソンで、脚本がポール・W・S・アンダーソンですヽ(=´▽`=)ノ

この映画の主役はサナ・レイサン (アレクサ・“レックス”・ウッズ)、ラウル・ボヴァ (セバスチャン)です。( ̄ヘ ̄;)ウーン

この映画の出ている人列挙するとサナ・レイサン (アレクサ・“レックス”・ウッズ)、ラウル・ボヴァ (セバスチャン)、ランス・ヘンリクセン (チャールズ・ビショップ・ウェイランド)、コリン・サーモン (マックス・スタッフォード)、ユエン・ブレムナー (グレーム・ミラー)、トミー・フラナガン (マーク・ヴァーヘイデン)、アガト・ドゥ・ラ・ブライユ (アデル・ルソー)、カーステン・ノルガード (ラッステン・クイン)、トム・ウッドラフ・Jr (グリッド)ってな感じ\(^_^)/ばんざーい..(/_^)/なしよっ

DVD特典のサスペンスドラマ第1話のほうが

面白かったです。



本作は子供が作った脚本に大人が演出したかと思いきゃ、

この監督って・・脚本も書いてるんで

すね。



しかも「バイオバザード」の監督さんなんで

すか・・あまりにもオリジナリティが

ない(パロディ映画だから仕方ないけど)途中から私マジに

邦画SFかと思いましたもの。



あらら~最後は未知との遭遇を真似たリターナーかい!とあきれましたが

、プレデターは神だということにまで

発展させてど~すんの?プレデターびいきの人は

うれしいかもしれないけど・・いや、

ダークさがなくなって安っぽくなった。



それと最初の方のえらい丁寧な人間ドラマは

いらない。



何も意味をなさないしそんなものを

観るために借りたんじゃないし、何よりじいさんの余命を

知って背中を向けたプレデターにじいさんのあの態度は

ない。



たぶんこの映画の監督がよほどプレデターびいきと思う。



けど・・神ねぇ、私は北国の生ハゲか中世の騎士の置物に

見える・・エイリアンのほうが3まで

観てるからというのもあるけど、悪に

徹してるから好きです(エイリアン自体のファンで

はなく)今回久しぶりにエイリアンを

見て思いました。



こいつはキモイけど映像より音がキモイんだなぁと・・あの粘着系の音は

レタスをつぶしたりして作ってるとか聞いたことが

ある。

慣れてしまえば映像的には爬虫類の怪獣なんだけど、

生まれ方やネバネバしたものが生理的に

匂ってきそうで気味が悪い。



そのクチャクチャっていう音がよけいそう思わせます。



エイリアンが苦手な人は音を消して観てください。



全然平気だと気づくはずです(音を

最初に考えた人はえらい)しかし映像が

めちゃくちゃ見にくいので途中から電気を

消した。





青黒いのはもう最近のSFのお約束といってもこれは

ひどい。



怪物対決だけ見たかったのにまるで

ゲームの中の決闘。



またまたロストワールド(あるいは

ゴジラ)を思い出した。





脚本バツ、人間ドラマもバツ、映像は

見にくい、演出もアップと平面が目立ち、

良かったところを仕方なく探せば冒険モノが

久しぶりに見えたことくらい。



それもインディシリーズからの明らかな流用が

わかるのは少し嬉しい。



インディジョーンズ久しぶりに見てみようかなぁ・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね~わ~い♪\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/わ~い♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は四喜和を説明したいと思います!(*≧┏∇┓≦*) ブヒャ!



四喜和(すーしーほー)とは大四喜と小四喜の2つのことを指す。
大四喜は、東南西北の4種すべてを刻子(もしくは槓子(カンツ))にして
ホーラした時に成り立つ。

テンパイ形はシャンポン待ちか単騎待ちになります。


小四喜(しょうすーしー)は、東南西北のうち3種を刻子(こうつ)(もしくは槓子(4枚組))にし、
残り1種を雀頭にして和了した場合に成立します。

残る1メンツは順子でもよいから、両面のテンパイをとれる時もあるフレー ゞ(´ω`ゞ))))...((((ツ´ω`)ツ フレー

残る1面子がすでに完成している際は翻牌(読み方:ファンパイ)の単騎待ちもしくはシャンポン待ちとなるんです(T.T )( T.T)おろおろ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

四喜和(出現割合:0.01381%)
小四喜若しくは大四喜のこと。
小四喜
大三元、四暗刻、国士無双が"出やすい"役満とすれば、その他の役満というのはそうそうお目にかかえれるものではない。小四喜はその中では比較的簡単な部類だが、それにしても中々見られるものではない。この辺りは運に左右される要素が大きいので、もし偏ったりしたらその珍しさを見に狙いに行くのも一つの楽しみ方かもしれない。

大四喜
数ある役満の中でもトップクラスの難易度を誇る役。
小四喜と差別化を図るためにダブル役満とするルールを搭載しているところも珍しくはないが、DORA麻雀では大四喜は通常の役満なのでご注意を。……ご注意を、と言って簡単に出る役でも無いので、記憶の片隅に残してもらえれば良いかと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。( ̄_ ̄ )。o0○(ウヘヘ…)


今から9時間後にはついに待ち焦がれた中学2年生の友だちとの麻雀です。
早く来ないかな_(-_- )ノ彡☆ばんばん!

DORA麻雀のブログ



posted by yutanpo at 06:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。